Office2010の画面構成は、どうなっているか?

Office 2003は、2014年4月8日でサポート期限が切れます。

では、Office 2007以降での画面は、どうなっているのでしょう?

その解説は、目次をご覧下さい。


(以下は、2010年に記述した前書きです。)

2010年6月末には、Office2010が発売される予定です。

これでやっと、Windows7 + Office2010という環境を作れるようになります。

ちなみに、Office 2003は、2014年4月8日まで、Office 2007は、2017年4月11日まで延長サポートが提供される予定です。

2010年入学の大学生が卒業するのが2014年3月です。
その卒業直後まではOffice 2003のサポートは継続されます。
よって、一般企業など、世間ではOffice 2003が当分の間、使用し続けられるでしょう。

結局、今の2年生、3年生、4年生(2009年入学~2007年入学)の場合は、職場がOffice 2003のままの場合も結構多いはずです。
景気悪いし、Office 2007からメニューがガラリと変わって慣れるの大変たし。

ところが一方で、既にOffice 2003は販売されておらず、ここ数年売っているのはOffice 2007です。
計算すると、2007年4月入学の大学生が2010年度の4年生です。

Office 2007は2007年1月末なので、4年生以下の多くの学生は、既にOffice 2007発売後に大学生になっているわけですね。

ということで、

大学生は、Office 2003も、Office 2007も、Office 2010も、それなりに使いこなせなければならない。

ということになります。

ボタンの位置などで覚えても無駄。野生の勘を養うのが大切です。

とは言っても、新しい「リボンUI 2.0」で、どのような雰囲気に変わったのかは知りたいところでしょう。

以下に画像を掲げます。

(説明文はまだ不十分です。増補は時間が取れたときにでもボチボチと…)

もくじ

Office 2007やOffice2010の新画面と、2003までの画面との比較のためのツール(2014/03/02追加)

以下のサイトでオンラインで動画を見る。

Office2013については、まだ、マイクロソフトも整備しきれてれていないようですが、大体はOffice2010と同じです。

Office 2010 および関連製品でのメニューやツール バーのコマンドの場所
※再生後、SilverLightの画面から、ダウンロードもできます。細かい操作方法はこちらを参照のこと。

Office 2010 および関連製品でのメニューやツール バーのコマンドの場所

以下のExceファイルとして提供されている一覧表をダウンロードして、パソコンで閲覧する。

Office 2010 のメニューとリボンのリファレンス ブック」を入手するからは、以下の個別のソフトについての一覧表を入手できます。


また、Ofiice2007の場合は、以下をダウンロードして自宅パソコンにインストールする。

個別にダウンロードしたい場合は、以下から取得します。

以上です。

[目次へ戻る]

WoedファイルやExcelファイルの新しい保存形式について(2014/03/02追加)

Office2007以降(Office2007~Office2013)では、ファイルの拡張子の末尾にxが付きます。

従来の2003までの拡張子の末尾にxを付けたものが新形式。但し、マクロ入りの場合はxではなくmを付ける。

Wordなら、.docから.docxに変化しています。
Office2003までならば、.docに文書もマクロも両方含められました。
しかし、それではウィルスが混入したファイルを開かされ危険です。
そこで、Office2007以降では標準は.docx、マクロ入りは.docmと区別するようになっています。
なお、.doc.docxとでは、ファイル内部の構成が全然違います
従って、ファイル名だけを変更するのではダメなんです。
例えば、.docという拡張子を.docxに変更するだけでは、エラーになって開けません
一度、Wordで開いて、新形式の.docxを明確に選択して保存し直す作業が必要です。
そして、元の.docの中にマクロが仕込まれている場合は、新形式の.docxではダメです。
マクロ入りの方は、新形式の.docmの方を明確に選択して保存し直す作業が必要です。

Excelなら、.xlsから.xlsxに変化しています。
Office2003までならば、.xlsに文書もマクロも両方含められました。
しかし、それではウィルスが混入したファイルを開かされ危険です。
そこで、Office2007以降では標準は.xlsx、マクロ入りは.xlsmと区別するようになっています。
なお、.xls.xlsxとでは、ファイル内部の構成が全然違います
従って、ファイル名だけを変更するのではダメなんです。
例えば、.xlsという拡張子を.xlsxに変更するだけでは、エラーになって開けません
一度、Excelで開いて、新形式の.xlsxを明確に選択して保存し直す作業が必要です。
そして、元の.xlsの中にマクロが仕込まれている場合は、新形式の.xlsxではダメです。
マクロ入りの方は、新形式の.xlsmの方を明確に選択して保存し直す作業が必要です。

以下に、Excelのファイル形式の変遷を載せておきます。

No. ビジネス使用度 保存形式の呼称 拡張子 グラフ VBAマクロ テンプレート アドイン 保存形式 説明
1 ××××× Excel 4.0 ブック .xlw 完全バイナリ 旧形式。新形式に変換しないと、そのうち、読み込みできなくなる形式。
2 ××××× Excel 4.0 マクロ シート .xlm 完全バイナリ 旧形式。新形式に変換しないと、そのうち、読み込みできなくなる形式。
3 ×× Microsoft Excel 5.0/95 ブック .xls 完全バイナリ 旧形式。新形式に変換しないと、そのうち、読み込みできなくなる形式。
4 Excel 97 ~ Excel 2003 ブック .xls 完全バイナリ 旧形式。マクロも入れられるので、ウイルス付きにできる。危険なので新形式に変換して使用するのを推奨
5 ○○○○○ Excel 2007~2013ブック .xlsx × zip圧縮済みXML 2007~2013の標準形式。但しマクロを含んでいるものは保存できない
6 ○○○○◎ Excel 2013~Strict Open XML スプレッドシート .xlsx × zip圧縮済みXML 2013以降で追加された厳密形式。但しマクロを含んでいるものは保存できない。
7 × Excel 2007~2013 バイナリ ブック(旧形式上位互換) .xlsb 完全バイナリ 2007~2013で2003と類似の形式で保存するもの。マクロも入れられるので、ウイルス付きにできる。危険なので使用は非推奨。
8 ○○○○ Excel 2007~2013 Excel マクロ入りブック .xlsm zip圧縮済みXML 2007~2013でのマクロ入り文書の標準形式。マクロを含んでいない場合はこの形式を選択してはいけない。
9 ×× Excel 97~Excel 2003 テンプレート .xlt 完全バイナリ 旧形式。マクロも入れられるので、ウイルス付きにできる。危険なので新形式に変換して使用するのを推奨。
10 × Excel 2007~2013 テンプレート .xltx × zip圧縮済みXML 新形式。但しマクロを含んでいるものは保存できない。
11 ○○○ Excel 2007~2013 マクロ入りテンプレート .xltm zip圧縮済みXML 新形式。マクロを含んでいるものはこの形式を選択。
12 Excel 97~2003 アドイン .xla 完全バイナリ 旧形式。マクロも入れられるので、ウイルス付きにできる。危険なので新形式に変換して使用するのを推奨。
13 ○○○ Excel 2007~2013  アドイン .xlam zip圧縮済みXML 新形式。マクロも入れられる。
14 ×× Excel 2003 XML スプレッドシート(XMLSS) .xml プレーンXML 開発者・技術者以外は使わないと思う。
15 × Excel 2007~2013 XMLデータ .xml プレーンXML 開発者・技術者以外は使わないと思う。

[もくじ]

インストール画面

以下は、インストールの様子と、主要な画面構成のスクリーンショットをひたすら掲載しています。

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

[目次へ戻る]]

アップロードセンターとは何か?

再起動後

#########

#########

#########

#########

#########

#########

[目次へ戻る]

Excel2010を、各種画面サイズで見た場合の違い

#########

800*600

#########

1240*768
#########

1280*1024

#########

1440*1050

#########

1600*1024

#########

1920*1200

#########

[目次へ戻る]

Word2010を1280*1024の画面サイズで見た場合

#########

[目次へ戻る]

Office2010の各種ソフトのメニュー一覧(画面サイズ1024*768で統一)

Word 2010

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

[目次へ戻る]

Excel 2010

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

[目次へ戻る]

PowerPoint 2010

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

[目次へ戻る]

Access 2010

#########

#########

#########

#########

#########

#########

[目次へ戻る]

Publisher 2010

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

[目次へ戻る]

InfoPass 2010

#########

[目次へ戻る]

OneNote 2010

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

#########

[目次へ戻る]


無償ソフトOpenOffice.orgはどんな具合か?

無償ソフトOpenOffice.orgの制作プロジェクトは2011年に解散しました。

OpenOffice.orgは、名称をApache OpenOfficeと変更して、現在はApache 財団が管理し、プロジェクトは存続しています。

但し、そこに至るまでのゴタゴタの過程で、フォーク(分岐)したプロジェクトとして「LibreOffice」プロジェクトができました。

そのため、現在、OpenOffice.orgを継承している「著名なもの」は、「Apache OpenOffice」と「LibreOffice」の2種類あるということになります。

OpenOffice.orgの開発者たちの中で、Apache OpenOfficeには参加せず、LibreOfficeへ移籍した開発者が結構いるようです。

では、どちらが優勢か? これは色々な意見があると思いますが、2014年3月現在の最新バージョンは、Apache OpenOffice 4.0.1(2013年10月1日リリース)と、LibreOffice 4.2.1(2014年02月20日リリース)です。

私個人は「LibreOffice」に移行しました。

ここまでは、2013年現在の情報です。


以下は、2010年現在の情報です。

OpenOffice.orgは

個人的な意見

全体の起動メニュー

#########

ワープロ機能 Writer

見ての通り、Word2003 にそっくりである。

#########

表計算機能 Calc

見ての通り、Excel2003 にそっくりである。
関数も、ほぼ互換で用意されており、Calc3.2での関数を数えてみると、377個定義されていた。

関数の書式だけ、ちょっと違いがある。

Excel では引数を ,(カンマ)で区切るが、Calc では ;(セミコロン) で区切る。
なお、Excel ブック(ファイル)を読み込んだときは、自動的に変換して読み込まれる。

#########

プレゼンテーション機能 Impress

見ての通り、PowerPoint 2003にそっくりである。

#########

図形描画機能 Draw

#########

データベース機能 Base

見ての通り、Access2003 にそっくりである。

#########

[目次へ戻る]


[サイトトップへ]

copyright 2010~ 谷本玲大
http://www.tanimoto.to/