LibreOfficeの中国語関係機能拡張について

Microsoftは、なんだか迷走しています。

Microsoft Officeも、2015年現在、ローカルで動く2007、2010、2013、2016と、クラウドで動くOffice 365が併行してサポートされています。

で、2010と2013との間で、どうも画面上での再現性にかなり差が出る。

特にパワーポイントと、縦書きで行間指定をしているWord文書。

Excelも関数が2013でかなり増えて、後方互換性が気になる。

そろそろ、他の統合ソフトにも目配りが必要な予感。

そこで、まずはLibreOfficeのExtensions(機能拡張)について、ザックリ調査してみた。

なお、OpenOffice.org時代からある古いExtensions(機能拡張)は、Javaを積極的に活用していたので、Javaのインストールをしないと動かない場合が多い。その後、Javaの脆弱性修正が頻繁になった上、ラムダ式の導入など言語仕様に様々な変更が入ったタイミングなどもあり、最近のLibreOffice(そのもの)は極力、Javaを使わないでも動くような設計にするようになってきている。

かといって、Extensions(機能拡張)の開発者が、LibreOffice(そのもの)の設計思想を受け入れてそのような設計に変更しているとは限らない。

この辺りの「あまり明示的に説明されることは少ないであろう歴史的変遷と事情」を知っておかないと、「よくわかんない」になってしまうわけです。

もくじ (2015-11-22記述)

LanguageTool

機能拡張DLアドレス

http://extensions.libreoffice.org/extension-center/languagetool

開発元本家サイト

https://languagetool.org/(オンラインデモもできる)

概要

日本語も扱える文章チェッカー。
Javaで実装されている。
Ver3から書式に変更が加えられたそうな。
但し、必ずしも実用レベルとは言えないようだ。

追加情報

文句たれるだけでなく、貢献している人は偉い。

試してみた感想

LibreOfficeでは試していないので、よくわからん。

[目次へ戻る]


Barcode

機能拡張DLアドレス

http://extensions.libreoffice.org/extension-center/barcode

概要

書籍のISBN番号や商品のJANコードについて、バーコードを生成する。
対応している番号体系は以下の通り。

•UPC-A (the most common barcode in the US)
•UPC-E (the short form of UPC-A)
•EAN-13 (the most common barcode in Europe)
•EAN-8 (the short form of EAN-13)
•JAN (the barcode used in Japan, basically EAN-13 with the country code for Japan)
•ISBN-13 (the barcode used in books after 2007, basically EAN-13 with a superscript)
•ISBN-10 (the barcode used in books before 2007, basically EAN-13 with a different superscript)
•Standard and interleaved 2 of 5 (a simple barcode used in custom solutions, for example on film reels)
•Code 128 (high-density barcode that can encode data of arbitrary length, commonly used in shipping and packaging)

試してみた感想

LibreOfficeでは試していないので、よくわからん。

[目次へ戻る]


Numbertext

機能拡張DLアドレス

http://extensions.libreoffice.org/extension-center/numbertext-1

開発元本家サイト

http://numbertext.org/(オンラインデモもできる)

概要

数について、各国の表記を変換する。

例えば、「123456789」を与えると、以下のような各種表示に変換できる。

追加情報

試してみた感想

LibreOfficeでは試していないので、よくわからん。

[目次へ戻る]


Numbered List Helper

機能拡張DLアドレス

http://extensions.libreoffice.org/extension-center/numbered-list-helper

概要

漢数字での箇条書きリストを生成するツールバーを追加する。

試してみた感想

LibreOfficeでは試していないので、よくわからん。

[目次へ戻る]


MultiDiff

機能拡張DLアドレス

http://extensions.libreoffice.org/extension-center/multidiff

概要

その名の通り、MultiDiffである。

試してみた感想

LibreOfficeでは試していないので、よくわからん。

MicrosoftWordだと、標準機能に組み込まれているから、LibreOfficeでもよく捜すと、標準機能にあるんじゃないの?という気もする。

[目次へ戻る]


Korean spellchecker

機能拡張DLアドレス

http://extensions.libreoffice.org/extension-center/korean-spellchecker

概要

Korean spellchecker

試してみた感想

Javaが必要なのかどうかも、よくわからない。
最新版の0.56が2011年のリリースなので、Javaが必要なんだろうなぁ、という気はする。

LibreOfficeでは試していないので、よくわからん。

[目次へ戻る]


ChinesePunctuationCn

機能拡張DLアドレス

http://extensions.libreoffice.org/extension-center/add-chinese-punctuation-marks-toolbar-for-writer-1
※実際には、ダウンロードできるものは設置されていない。こちらが簡体字版らしい。

概要

本擴展將添加一個漢文標點符號(中國)工具欄在 LibreOffice 或 OpenOffice.org 的 Calc、Draw、Impress 和 Writer 軟件。 只需點擊工具欄上的按鈕就可以在文章中輕鬆插入標點符號。
本擴展標點符號之選用主要依據: 中華人民共和國國家標準 GB/T 15834-1995 標點符號用法。(http://www.china-language.gov.cn/wenziguifan/managed/020.htm)
本擴展適用于 Microsoft Windows XP 操作系統上運行的 LibreOffice 3.4 和 OpenOffice.org 3.3 的 Calc、Draw、Impress 和 Writer 軟件。
在其他操作系統上運行的各版本 LibreOffice 或 OpenOffice.org 的 Calc、Draw、Impress 和 Writer 軟件是否可用本擴展,請使用者自行安裝測試。

試してみた感想

LibreOfficeでは試していないので、よくわからん。

[目次へ戻る]


ChinesePunctuationTw

機能拡張DLアドレス

http://extensions.libreoffice.org/extension-center/add-chinese-punctuation-marks-toolbar-for-writer

※実際には、ダウンロードできるものは設置されていない。こちらが繁体字版らしい。

概要

本擴充套件將安裝一個漢文標點符號工具列(臺灣版)到 Writer 軟體。
本工具列各標點符號之選用主要依據:中華民國教育部於2008年12月25日公佈之《重訂標點符號手冊》修訂版。(http://www.edu.tw/files/site_content/M0001/hau/c2.htm)

試してみた感想

LibreOfficeでは試していないので、よくわからん。

[目次へ戻る]


Chinese Punctuation Marks Toolbar

機能拡張DLアドレス

http://extensions.libreoffice.org/extension-center/chinese-punctuation-marks-toolbar

概要

中文標點符號工具列。標點符號內容順序,參考 MS Office 2003 的符號工具列。部份字型符號不全,插入的標點符號可能無法顯示。
感謝北京 GNOME 用户组的 Tong Hui 協助簡體中文翻譯!

試してみた感想

LibreOfficeでは試していないので、よくわからん。

[目次へ戻る]


RepublicOfChinaTaiwanTraditionalChinesePunctuationToolbar

機能拡張DLアドレス

http://extensions.libreoffice.org/extension-center/4e2d83ef6c11570b53f070636b639ad44e2d65876a199ede7b26865f5de551775217-republic-of-china-taiwan-traditional-chinese-punctuation-toolbar

概要

中華民國台灣正體中文標點符號工具列,Republic Of China (Taiwan) Traditional Chinese Punctuation Toolbar,本人有需要在MacOSX(PowerPC和Intel)環境使用LibreOffice並搭配標點符號工具列使用,到目前為止網路上所最容易找到的現成中文標點符號工具列chinesepunctuationtw-1.0.1.oxt是在MsWindows環境所開發的。

於是興起一個念頭,有無可能在本人不會寫程式的前提下,使用網路上所能找到的現有圖形介面工具軟體,以剪貼拼裝填寫字串值的方式,憑一己之力組合出一個完全在MacOSX平台上原生製作出來的中華民國台灣正體中文標點符號工具列,搜尋現有的網路資訊後,終於編製出這個"中華民國台灣正體中文標點符號工具列"擴充套件,開發過程主要依賴ExtensionCompiler.ott這份說明文件,文件中會有相關巨集與範例。

因為專案描述的可填寫字元數量可能會有限制,請參考"擴充套件"內所包含的文件,會有更詳細的製作流程說明與使用前注意事項。

安裝完擴充套件後請重新啟動LibreOffice。

要注意的是安裝確認時,若優先選用的"for all users"按鈕無法通過,再選用"only for me"。

試してみた感想

LibreOfficeでは試していないので、よくわからん。

[目次へ戻る]


[サイトトップへ]

copyright 2015~ 谷本玲大
http://www.tanimoto.to/