Windows7での中文IMEの設定

最終更新日 2014/06/16 (月) 12:20

目次


中文IMEの導入設定

マニアックにやりたい学生は、自宅のパソコンで、テキスト指定している『電脳中国学入門』pp.22-24,32-37に従った設定をしてみれば良いでしょう。

以下では、もう少し一般的な設定(あまりマニアックではないやり方)について説明する。授業内では、この環境を用いる。

なお、Windows8の場合はSONYがマニュアルを作ってくれているので、http://qa.support.sony.jp/solution/S1207170039862/を参照して下さい。

[スタート]→[コントロールパネル]を開く。

ここで、以下のようにアイコンがズラッと並んだ場合は、「カテゴリ」表示に切り替える。

[スタート]→[コントロールパネル]を開く。

以下のようになっていればOK。[キーボードまたは入力方法の変更]をクリックする。

。[キーボードまたは入力方法の変更]をクリックする。

[地域と言語]の[キーボードと言語]タブで[キーボードの変更]ボタンを押す。

[地域と言語]の[キーボードと言語]タブで[キーボードの変更]ボタンを押す。

「テキストサービスと入力言語」の[全般]タブで[追加]ボタンを押す。

「テキストサービスと入力言語」の[全般]タブで[追加]ボタンを押す。

「入力言語の追加」ウィンドウに、たくさんの言語が表示されるが、下の方に行く。

「入力言語の追加」ウィンドウに、たくさんの言語が表示されるが、下の方に行く。

中国語のカテゴリの中で、「簡体字中国語 - Microsoft Pinyin New Experience」にチェックを入れて、[OK]ボタンを押す。

「簡体字中国語 - Microsoft Pinyin New Experience」にチェックを入れて、[OK]ボタンを押す。

各種入力方式についての補足説明。

そのほかに中文輸入法には「倉頡輸入法」(台湾でメジャー)、や「五筆輸入法」など、様々な入力方式がある。

以下のように入力言語が追加されたら[OK]ボタンで閉じる。

入力言語が追加されたら[OK]ボタンで閉じる。

以上で、設定は終了。

[目次へ戻る]

Microsoft Pinyin New Experience IMEの設定

IMEの各種メニューを全部表示させておくのがよろしい

右端の小さい▼を押し、全部の項目にチェックを入れる。

IMEの各種メニューを全部表示させておく。

こんな風に各種アイコンが全部見えるようになる。

各種アイコンが全部見える

「繁」にすると繁体字変換。「大」にすると簡体字と繁体字の両方が出る。

「大」にすると簡体字と繁体字の両方が出る。

OptionsからSoft Keyboardに入り、Pinyin Lettersを選択しておく

Soft Keyboardの設定

その上で、キーボードアイコンを押すと、ローマ字のピンインがソフトウェアキーボードから入力できるようになる

ピンインがソフトウェアキーボードから入力できる

[目次へ戻る]

設定が「体験」(New Experience Input Style)の場合

日本語IMEとキー割り当てが全然違うので最初は戸惑うはず…。

Microsoft Pinyin New Experience IMEでの入力方式の指定部分が「体験」(New Experience Input Style)になっている場合は、声調での絞り込みは出来ない

設定が「体験」(New Experience Input Style)の場合

変換候補は、[+]キーと[-]キーで候補一覧をスクロールして、数字キーで選択する。

ところが、ノートパソコンにはテンキーがありません

そして、中国語入力になっているときにはキーボードの割り当て位置が変更されます

「れ」のキーでは[+]キーは入りません。「へ」の所が[+]キーです
[-]キーは「ほ」のキーのまま、変更なしです。

また、一度、どれかの漢字にした後で1回[↓]キー次に[←]キーや[→]キーで候補をスクロールさせるという方法もあります。

設定が「経典」(Classic Input Style)の場合

日本語IMEとキー割り当てが全然違うので最初は戸惑うはず…。

設定が「経典」(Classic Input Style)の場合

Microsoft Pinyin New Experience IMEの入力方式指定部分が「経典」(Classic Input Style)になっている場合は、「wo3」で「我」という風に、声調番号を付けて入力できます

woだけ、またはwo3などと入力してから[スペース]キー。次に[→]キー、次に[↓]キーや[↑]キーで候補を変更します。

[目次へ戻る]

ヒント

ところで、「ǚ」が含まれているものは、「v」で代用するのが一般的な入力方法です。

また、「儿」は「er」です。

もっと詳しい入力方法の説明はhttp://kimi.buzama.com/pc/01-11.htmlを参照。

[目次へ戻る]

入力練習

入力練習お題その1

テキスト、p28~31の入力練習を実際にやってみよう。

入力練習お題その2

それが済んだら、これ(出版元から使用許諾済み)をWordに入力してk-smapyに提出。
※レポート扱い。但し、「李静:」と「田中:」と「ピンインそのもの」は入力しないで良い。

入力練習お題その3

それが済んだら、以下の書籍の目次を、できるところまで入れてみよう。


※蘇向麗著・上野恵司監修・岡田玲訳『どう使う?会話で覚える中国語慣用句300』(アスク、2012/02)

漢字の異体字について

手書き入力 その1

手書き入力

手書き入力 その2

手書き入力で「変」の旧字を入れる

手書き入力 その3 普通の字を書いて、右クリックする

手書き入力で剣の異体字を楽に入力する方法

学生が間違える類似字形の文字

入/人

土/士

夭/天

孑/子

徙/徒

戍/戌/戉/戊/成/戎/或

盲/肓

東/束

千/干/于

牛/午

胄/冑/胃

弌/弍/弐/式

晝(昼)/畫(画)/盡(尽)

擧(挙)/舉(挙)/學(学)

與(与)/興

變(変)/戀(恋)

卅(三十)/世

禮(礼)/體(体)/軆(体)

匕/ヒ

卜/ト

力/刀/カ

工/エ

夕/タ

ニ/ニ

又/ヌ

口/ロ

JIS第一水準/第二水準の異体字(Unicodeを含めるともっと増える)

鯵鰺/鴬鶯/蛎蠣/撹攪/竃竈/潅灌/諌諫/尭堯/頚頸/砿礦鉱鑛/蕊蘂蕋/賎賤/壷壺/砺礪/梼檮/涛濤/迩邇/蝿蠅/桧檜/槙槇/侭儘/薮藪籔/遥遙/篭籠/瑶瑤/凛凜/煕熈熙/亜亞/悪惡/芦蘆/圧壓/庵菴/囲圍/為爲/医醫/育毓/一弌壱壹/稲稻/飲飮/淫婬/陰蔭/隠隱/卯夘/欝鬱/厩廐廏/叡睿/営營/曳曵/栄榮/穎頴/衛衞/詠咏/駅驛/円圓/煙烟/艶艷/塩鹽/奥奧/往徃/応應/欧歐/沖冲/穏穩/仮假/価價/歌哥謌/嘩譁/峨峩/簷檐/競竸/画畫劃/会會/解觧/回囘/壊壞/怪恠/懐懷/絵繪/蟹蠏/碍礙/蓋葢盖/鈎鉤/拡擴/殻殼/覚覺/学學斈/岳嶽/楽樂/釜釡/粥鬻/刈苅/勧勸/巻卷/歓歡/缶罐/観觀/鑑鑒/関關/陥陷/館舘/巌巖/雁鴈鳫/顔顏/器噐/奇竒/期朞/棋棊/棄弃/帰歸皈/気氣/亀龜/偽僞/戯戲/犠犧/却卻/糾糺/旧舊/拠據/挙擧舉/京亰/峡峽/挟挾/況况/狭狹/暁曉/極亟/区區/駆駈驅/勲勳/群羣/径徑逕/恵惠/憩憇/携攜/渓溪谿/経經/継繼/茎莖/蛍螢/軽輕/鶏鷄/芸藝/欠缺/決决/倹儉/券劵/剣劍劔劒剱釼/圏圈/検檢/権權/献獻/県縣/険險/顕顯/験驗/厳嚴/言云曰/虎乕/鼓皷/効效/広廣/恒恆/晃晄/稿藁稾/劫刧/号號/轟軣/国國/嵯嵳/済濟/砕碎/斎斉齋齊/剤劑/財戝/冴冱沍/坂阪/咲笑/崎埼嵜碕/桜櫻/冊册/雑雜襍/皐皋/参參/惨慘/桟棧/蚕蠶/讃讚/賛贊/残殘/糸絲/紙帋/歯齒/事亊/児兒/爾尓/辞辭/湿濕/質貭/実實/篠筱/舎舍/写寫冩/釈釋/呪咒/寿壽/収收/秋穐龝/讐讎/集輯/従從/渋澁澀/獣獸/縦縱/粛肅/準凖/処處/叙敍敘/嘗甞/奨奬獎/将將/廠厰/抄鈔/松枩/焼燒/称稱/証證/乗乘/剰剩/場塲/壌壤/嬢孃/条條/浄淨/畳疊疉疂/穣穰/譲讓/醸釀/嘱囑/触觸/唇脣/寝寢/慎愼/晋晉/真眞/刃刄/尽盡/靭靫靱/酢醋/図圖/厨廚/垂埀/粋粹/翠翆/酔醉/随隨/髄膸髓/数數/枢樞/世丗/畝畆/凄淒/棲栖/声聲/静靜/摂攝/窃竊/専專/戦戰/浅淺/潜潛濳/線綫/繊纖纎/船舩舟/践踐/銭錢/善譱/禅禪/曾曽/疎踈/蘇蘓/遡溯/鼠鼡/双雙/壮壯/捜搜/挿插/争爭/窓窗/総總/聡聰/荘莊/装裝/走赱/騒騷/臓臟/蔵藏/属屬/続續/卒卆/多夛/堕墮/柁舵/楕橢/体躰軆體/対對/帯帶/滞滯/台臺/滝瀧/択擇/沢澤/鐸鈬/達逹/竪豎/狸貍/単單/担擔/胆膽/団團/弾彈/断斷/恥耻/痴癡/稚穉/遅遲/昼晝/注註/虫蟲/鋳鑄/瀦潴/猪豬/庁廳廰/町甼/聴聽/腸膓/勅敕/珍珎/鎮鎭/逓遞/鉄銕鐵鐡/纏纒/転轉/点點/伝傳/兎菟兔莵/党黨/島嶋嶌/棟楝/盗盜/灯燈/当當/踏蹈/逃迯/闘鬪/働仂/独獨/読讀/栃杤/届屆/縄繩/二弍弐貳貮/肉宍/韮韭/妊姙/禰祢/廼迺/悩惱/脳腦/覇霸/廃廢/拝拜/杯盃/梅楳/売賣/柏栢/麦麥/函凾/発發/髪髮/罰罸/抜拔/蛮蠻/秘祕/氷冰/浜濱/付附/富冨/渕淵渊/払拂/仏佛/幣幤/並竝/閉閇/箆篦/変變/編篇/辺邊邉/弁辨辧瓣辯/舗舖鋪/穂穗/宝寶寳/峰峯/萌萠/褒襃/豊豐/冒冐/貌皃/没沒歿/本夲/翻飜/桝枡/万萬/満滿/蓑簑簔/脈脉/夢梦/婿壻聟/麺麪/黙默/餅餠/弥彌/薬藥/訳譯/癒瘉/湧涌/予豫/余餘/与與/誉譽/揺搖/様樣/窯窰/耀燿/謡謠/踊踴/来來/乱亂/覧覽/裏裡/略畧/溜澑/留畄/竜龍/両兩輌/涼凉/猟獵/瞭暸/糧粮/隣鄰/瑠璢/塁壘/涙泪/励勵/礼禮/隷隸/霊靈/齢齡/恋戀/連聯聨/炉爐/労勞/朗朖/楼樓/禄祿/亘亙/湾彎弯灣/仭仞/俎爼/伜倅/僣僭/冤寃/冦寇/冪羃/冽洌/凅涸/剋尅/剳箚/匳奩/卮巵/厠廁/厦廈/厮廝/喀咯/噪譟/嚏嚔/囓齧/址阯/埓埒/壜罎/奘弉/佞侫/嫺嫻/嬲嫐/崙崘/嵌篏/廸迪/彝彜/彿髴/悴忰/慙慚/懺懴/戛戞/扠扨/抬擡/旙旛/昿曠/梹檳/棕椶/櫁樒/檗蘗/檪櫟/殱殲/洵徇/炯烱/熏燻醺/犂犁/犲豺/狢貉/猊貎/獏貘/琅瑯/瑙碯/珱瓔/疇畴/疣肬/皸皹/盪蘯/眥眦/筐筺/筍笋/箏筝/籐籘/籖籤/緕纃/羈羇覊/羮羹/膣腟/臘臈/艫舮/苺莓/萼蕚/虱蝨/蟇蟆/蠎蟒/蠹蠧/衄衂/衽袵/襌褝/謚諡/譖譛/貔豼/贓賍/躙躪/輒輙/遒逎/鑪鈩/鑽鑚/閙鬧/闊濶/齏韲/飄飃/鰛鰮/鳧鳬/鴟鵄/鵝鵞/鶇鶫/鷆鷏/麩麸

[目次へ戻る]

Unicodeが持つ問題の把握

以下については、語り出すと止まらなくなってしまうので、最低限のことしか書かない。

コードセパレート

各国毎で文化的・伝統的・慣習的に字形が違うのを、区別してUnicodeに収録した。

検索の時に、そのことを知らないとヒットしない。

例えば、台湾のデータベースで、日本語IMEから普通に入力できる文字「黄鴬」で検索しても、普通はヒットしない。

そこで、「検索したけれど、用例は0件でした。」なんて言ってしまうと、大恥をかくことになるので注意!

9EC4 9EC3

9D2C 鶯9DAF 83BA

9DEA 鸎9E0E

8AAA 説8AAC

コードセパレートの例示字形

その他、台湾のDBでは「內值溫錄步」などに注意!

包摂

各国に一つずつしかコードポイントの定義がないため、Unicodeでは1つのコードポイントに集約してしまったもの。

各国毎で文化的・伝統的・慣習的にどちらかを使用している。

それら各国同士で通信する場合に「同じ番号を振っている」=「同じ文字として通信できる」。

検索漏れが生じないので、ある意味では便利。

でも、「文字の字形差」の点では「違和感」が出てしまう。

フォントによるデザイン差の要素も大きいが、画数が変わってしまうものも多いのは問題。

草冠、示偏、進繞、食偏などに多い。そのほか、「即」「尊」などもこの手のもの。

9AA8 (MS明朝)9AA8SimSun

991D 返8FD4 節7BC0 情60C5MS明朝)

991D 返8FD4 節7BC0 情60C5SimSun

991D 返8FD4 節7BC0 情60C5MingLiu

991D 返8FD4 節7BC0 情60C5NewGulim

上の文書をIEで見て画像ファイル可したもの。

包摂の例示字形

[目次へ戻る]

おまけ

  1. ピンインだけをバリバリ入力したい場合
    ピンイン入力ツール PIN Boy v3.02改 HTA版からPINBoyForHTA.zipをデスクトップにダウンロード後、解凍して出てきたファイルをダブルクリックで起動。
  2. オンライン中文入力IMEを移植してみた。
    ここをクリック。
  3. 簡体字/繁体字変換
    ここをクリック。改修が必要な感じなんだけど、放置してある。
  4. 異体字関係をあれこれ知りたい場合
    UnihanDatabaseで検索する。

    The Unicode Consortium(ユニコード・コンソーシアム←ユニコードの文字セットを選定する親玉の組織)が公開している「Unihan Database Lookup(漢字情報検索データベース)」が便利です。
    アドレスは→http://www.unicode.org/charts/unihan.html「華」で検索すると、結果の一覧表の「末尾」に、以下のような結果が出ます。
    Variants
    Data type Value
    kSimplifiedVariant U+534E 华
    kSpecializedSemanticVariant U+8550 蕐
    kZVariant U+5D0B 崋

    ※一文字ずつ検索しないとダメ。熟語検索はできません。

    以下の検索でも、相互の結果が出ます。
    二←→弍貳貳贰
    清←→淸
    益←→益

    このように、簡体字と繁体字の変換や、現代日本ではあまり用いられない旧字体を検索するときに便利です。
    但し、「髭」で検索しても「鬚」や「髯」などは出てこないようです。微妙に意味が異なる異体字(口ひげ、顎ひげ、頬ひげ)については、関連づけをしていない場合もある、ということのようです。

    あとは、GlyphWikiの画面左端のウィンドウへ漢字を一文字入れて検索するとか、お金がある人は『今昔文字鏡』(の単漢字16万字版)を買うとUnicode文字の検索と入力に便利。

[目次へ戻る]


[Go to top page]

copyright 2004~ 谷本玲大
http://www.tanimoto.to/