CNKIの検索について

(付:繁体字で検索したい場合)

2014年11月23日、2014年現在の画面説明を追加。


2014年11月現在のCNKIの画面説明

#########

「文献」のままでは、工具書や古籍までヒットしてしまうので、切り替える。

(修士論文を書く場合は、徹底的・全面的な収集が必要になるだろうが、)4年生が卒論の用途で使う場合は、定期刊行物を検索する「期刊」で良いでしょう。

卒論の締め切りまで、まだ時間がある場合は、必要に応じて、「博士」や「国際会議」も検索すると良いかもしれない。

それと、画面左端の「清除」ボタンでジャンル選択を全部外す。

#########

 

次に、ジャンルを選択し直します。文学部の卒論は、昔風の言い方で言えば「文史哲」なので、まずは「哲学与人文科学」にチェック。その他、赤枠を付けておいた所はチェックしておくと良い。

緑枠を付けておいた所は、卒論の内容に応じてチェックすれば良い。

たとえば、道教関係で仙薬に興味がある場合は医学関係にチェックを入れる。

軍事史が絡む場合は軍事。

中国の中学や高校の教科書で、どんな古典作品が教材として扱われているのかを調べるときには、教育関係にチェックを入れる。

ちなみに、「漢文」で検索してはダメ。それでは「漢代の文学」という意味である。中国人にとっての古典文学は、中国語では「文言文」と呼ぶ。

先生に「ネットで調べたけど、ありませんでした。」と簡単に言い訳してはいけない。
「もともとダメな検索キーワード」で検索したら、そりゃ、ヒットするわけないですよね?

#########

「主題」で検索すると、テーマ検索。

「篇名」で検索すると、タイトル検索。

「関鍵詞」なら関連キーワード。

「全文」なら、論文の全文検索(ただし、自動OCRによるので、完璧ではない)。

適宜、使い分けをすること。

#########

画面左端に「そのまんま検索」と「あいまい検索」の切り替えがある。

ここの設定で、検索結果が変わってくるので、注意。

#########


以下、2008年2月15日現在の情報です(2013年5月5日少しだけ更新)。

2013年5月5日時点でのCNKIのアドレスは以下のようになっています。

トップページhttp://www.cnki.net/では、一括検索ができるようですが、検索結果の表示が遅いのと、理系の論文にもバンバンヒットしてしまうので、このアドレスからの検索は、あまりおすすめしません。


以下は古い情報。2013年現在の利用はお勧めしません。

旧バージョンのKNS50のアドレスは以下の通りです。

この二つを試した感じだと「Hong Kong Website」が一番使いやすいようです。
「Hong Kong Website」では「三國演義」でそのままヒットします。

CNKI002

CNKI003

CNKI004

2007年~2008年まで範囲があって、315件ヒットしました。


[Go to top page]

copyright 1997~ 谷本玲大
http://www.tanimoto.to/